筋肉の変遷(ビフォーアフター)

筋肉 整形外科 日記

筋トレの調子はいかがでしょうか?
最近調子悪いな、、と思ってたら最早それが今の実力になっていることに気がつき激しく落ち込む、、減量あるあるですよね? 笑
今回は筋トレを始める前から減量のビフォーアフターなどをまとめて、これから筋トレを始める方に大体筋トレをどれくらい続ければどれくらい筋肉がつくのかの目安にしていただければと思います!(私は本当に筋肉が大きくなる才能は無い方だと思うので、同じように続けてもらえれば少なくとも私くらいにはなると思います!)

筋トレ開始前

テニス部に所属している18歳の時ですね。
テニスはやりまくっていましたが、カロリーやタンパク質などは一切気にしたことがない時期です。

テニス部なので腕橈骨筋だけ少しついています。 笑
痩せているだけで少し腹筋が見えていたためマッスルポーズをとっているのだと思います 笑。

ベンチプレスだけ開始後1-2年

テニス部の先輩に「ベンチプレスをやりまくれば上手くなる」と言われ、ベンチプレスだけやり始めた時期です。
栄養などは全く考えておらず、週1-2回学校のトレーニングルームでベンチプレスだけしています。

部活で走り回っているので痩せて腹筋が見えています。すこしだけ胸筋もついて自分のことをマッチョだと思い始めています。 笑

初めての大会

筋トレにハマり始めてデッドリフト・スクワットを開始し、タンパク質を体重×2gは毎日摂るように意識しだしてから1年程が経過し、同じバイト先(ジムでバイトしてました)の同僚と大会に出ることを決意します。週3-4回筋トレしていました。

スクワットとデッドリフトの効果で全体的に筋肉がつき始めています。タンパク質摂取を心がけているのも大きいと思います。

初めての減量で右も左もわからない状態でした。取り敢えずカロリー計算をして体重が落ちなくなればカロリーを減らすことだけ繰り返していました。有酸素運動はトレーニング後毎回3km走っていました。最終1000kcal前後とかなり頑張っていたなと思います。減量期間は3ヶ月でした。

2回目の大会

前回の大会で周りと比べて圧倒的に肩が圧倒的に弱いことに気がつき、肩のトレーニングも本格的に始めます。週5-6回筋トレをし、なるべく脂質を抑えてタンパク質と炭水化物をたくさん摂るクリーンバルクを始めました。

一度大会に出て絞り切ってから明らかに筋肉が大きくなりました。大会に出ることの意義を感じます。肩も少しは成長しています。

前回の反省を活かしてカロリーを一気には減らさないようにしています。それでも最終的には1200kcalになっていますが 笑。正直今までの大会の中でも一番絞れています。お尻もバッキバキに絞れていました。学生だからこその搾りだと思います 笑。(働いていてもこのレベルの絞りを持ってくる超人もいますが、、)減量期間は3ヶ月半です。

初めてのフィジーク挑戦

コロナ禍もあって出場予定だった大会が無くなるなどアクシデントもありましたが、その数ヶ月後コロナも少し収まり初めて挑戦したフィジーク大会の前です。ややクリーンにバルクしています。トレーニングは週6-7回していました。

この写真ではわかりにくいですが、肩はかなり成長しています。
コロナもあって大会ができそうとわかったのが2ヶ月前でかなり焦って減量しました。

たった2ヶ月で減量したとは思えないほど仕上がったと思います。最初からケト+有酸素で脂肪を燃やしまっくって最後まで大体週6回筋トレ、週6回有酸素運動をしていました。有酸素運動をやりまくっていたので脚トレの強度は落ちて行きましたが、フィジークなので気にせず有酸素をしまくっていました。最終的なカロリーは1400-1600kcalでした。

2回目のフィジーク挑戦

前回の大会が終わり少しすると研修医期間が終わり、仕事が忙しくなったのでトレーニングは週5-6回行っていましたが、あまり食事の量がしっかり確保できず睡眠時間も短かったためあまり成長はしませんでした。

鈴木雅さんが1年に一度絞る周期を作ることで成長するとおっしゃっていたため、筋肥大はあまりしていませんが大会に出ることにしました。

減量期間はしっかり3ヶ月とり、仕事は忙しいながらもなんとか減量しました。大会直前の1週間は有給休暇をとり、ディプリートはせずに1400kcalで毎日有酸素+筋トレをすることでなんとか絞り切りました。カーボアップは1日だけ体重×10gの糖質を摂ることにとどめました。

まとめ

大体10年間の変遷をまとめました、Big3をしっかり始めたこと•大会に出場したこと•週5-6回筋トレをしてカロリーと睡眠をしっかり摂ることが成長の大きなきっかけであったと思います。
何かご質問等あれば答えられる範囲で答えますので、お問い合わせまでどうぞ。
それでは一緒に筋トレ頑張りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました