ボディビル優勝者・準優勝者の最終調整方法

筋肉 整形外科 日記

筋トレの調子はいかがでしょうか?
昨日は大会翌日で全身筋肉痛でしたが、なんとか背中トレをして最終的にDL160kgが3回しか上がらなくなりかなり落ち込んでます、、減量が1日でも早く終わって欲しいと切実に祈っています 笑。
さて、今回は関西クラス別の優勝した方と準優勝の方に最終調整の方法を聞きましたので、自分の忘備録として書いていきたいと思います。

優勝者

この方は普段から同じものを食べ続けることで減量するため、そもそもカロリー計算をしはらないとのことです。
最終調整としても特に何もせず、普段のトレーニングの時間をコンテストの時間と捉えてサプリ等も同じように摂取するとのことです。
水抜き・塩抜きも全くしないとのことです 笑。
当日に塩分が足りなくなるということが無いように塩分タブレットは食べてはりましたけど、それくらいしかなさらないとのことです。
かなりベテランのボディビルダーの方であり、色々試して(ディプリートなど)結論として普段と同じように過ごすのが一番と言うことになったそうです。
自分に合う・合わないがあるので何事も試してみるのは良いことだともおっしゃっておられました。
カロリー計算せずに絞れるのも経験からこれくらいで絞り切れるとわかっているからなんですね。
その領域に達するまでにはかなりの時間を要しそうです 笑。

準優勝者

こちらの方は、前提として1ヶ月前にはコンテストに出れる身体を仕上げているとのことでした。
そもそも最終調整と言うよりは、1Mかけて徐々に調整していくというようなニュアンスでおっしゃっていました。
仕上がってからはカロリーを炭水化物メインで上げていって、元々2200kcalで絞っていたところを最終的には2800kcalまで増やしていくとにことです。
カロリーをそこまで増やしても、脂質は20-30gで増やすことがないため脂肪が乗るということはないとの事です。(当然この方の体質や筋量があってのことだとは思いますが、、)
1ヶ月かけてどの食材で一番身体が張るのかなどを確かめていくそうです。
もしも途中で脂肪が乗った感覚があっても時間があるのでそこから絞る余裕もあるとのことでした。
この方も水抜き・塩抜きは行わず、当日に朝お風呂にゆっくり入ったくらいとのことです。
そもそも1ヶ月前に仕上げると言うのが神技のように感じますが、徐々にカーボを上げて行くと言うのは新しい知見だったのでぜひ試してみたいですね。

まとめ

お二人ともディプリートは行っていませんし、水抜き・塩抜きもしないとのことでした。
やっぱりYouTubeの情報とは大きく違いますね 笑。
カーボアップとして徐々にカーボを上げていくことで身体が徐々に張っていくというのはかなり魅力的に感じたので、私も明日から早速徐々にカーボを増やしてみようと思います!(直前期過ぎるので太ってしまった場合鬼の有酸素運動をする事になりそうですが、、 笑)
4日間で徐々にカーボをあげて身体がパンパンになっていった場合はまた報告します!
今回聞かせていただいた方々はかなり筋量も多く絞りももの凄いので水抜きをしなくても皮膚が身体に張り付いているように見えました。
そんな身体を目指して一緒にがんばりましょう! 笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました